1. >
  2. >

建物の窓ガラスなどにガラスフィルムを貼ることにはどのような意味があるのでしょうか?
ここでは、防熱効果や飛散防止など、ガラスフィルムの様々な特徴とそのメリットをご紹介いたします。

01/05

遮熱・省エネ効果THERMAL BARRIER
& ENERGY SAVING

ガラスフィルムには日照調整効果や高い断熱効果があります。夏はガラスを通して入ってくる熱をさえぎり、冬は室内からの熱の放出を抑えるのです。 そのため、夏の冷房効率や冬の暖房効率が高まり、快適に過ごせるだけでなく電力の削減、発生するCO2の削減にも効果があります。

02/05

飛散防止で
防犯・災害対策SECURITY &
RISK MANAGEMENT

ガラスフィルムの飛散防止効果は、防犯・災害対策に役立ちます。防犯については、侵入窃盗の被疑者のうち約7割が、5分以内に侵入できなかった場合に侵入をあきらめると言われています(財団法人 都市防犯研究センター調べ)。ガラスフィルムによって、ドライバーのような道具を使用したこじ破りや、窓を殴打してガラスを割る打ち破りなどによる侵入窃盗を防ぐ効果があります。
災害時にも、例えば地震や台風などでガラス窓が割れてしまった場合も、破片がほとんど飛び散らないためガラス片によるケガの心配が軽減されます。

03/05

有害な紫外線
(UV)カットUV PROTECTION

太陽からの有害な紫外線は、曇っている場合でも80%以上が窓を通過してきます。その紫外線は日焼けやシミ・ソバカスなどの原因となり、悪化してしまうと皮膚炎や皮膚ガンなどを引き起こす可能性があると言われています。また紫外線は、大切なお部屋の家具・畳・フローリングなどの日焼け・色あせなど劣化の原因につながります。
ガラスフィルムを貼ることで、有害な紫外線を99%以上カットbrしてくれるため、肌や家具などを有害な紫外線から守ってくれます。

※ 完全に日焼けを防止できるわけではありません。

04/05

防虫効果REPELLENT

夜間に飲食店やコンビニエンスストア、マンションのエントランスなどの照明の光に集まってくる虫。食品や医薬品を扱う工場は特に衛生面から製造過程で虫が混入することを避けなければならなりません。
煩わしい虫を寄せ付けないための手段としてガラスフィルムがあります。照明の光に集まってくる虫は、紫外線の波長に反応する場合が多いため、ガラスフィルムで室内の照明器具から照射される紫外線をコントロールすることで虫が寄りつきにくくなります。また、薬剤を使用していないため、安全で高い防虫効果が得られます。

05/05

装飾・目隠し効果DECORATION
& BLINDER

装飾用のデザインフィルムは、ガラスのデザイン性を高めながら、ミスト(霧)や和紙を通して作り出される幻想的な光の空間を自在に演出できます。オフィス、店舗、住宅などの空間演出に最適です。
目隠し用のフィルムは、住居や職場のプライバシーを守りたい、見えすぎる透明なガラスに不都合を感じる場合に最適です。

お問い合わせ・お見積もりINQUIRY & ESTIMATE

看板の「新規製作」「リニューアル」「メンテナンス」をご検討中の方は、タクトまでお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

TELL.022-238-2477

受付時間/月~土 8:45~18:00/第2・第3土曜日は定休日

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム